ここにページタイトルまたは説明


  

ココロとカラダのコラム0001:[臨床例]肩の痛み

次の記事→

不定期的に予約の電話をくれる50代男性、Yさん。その日は左肩の痛みを訴えて来られた。「五十肩かもしれない」とのことだったが、腕はちゃんと上まで上がるので、いわゆる五十肩ではない。

ちなみに四十肩とか五十肩というのは疾患名ではなく単なる俗称で、正式には肩関節周炎という。石灰沈着などによって肩関節内部に炎症が起こり、激痛で肩が動かせなくなる。初期には夜になると痛みで眠れない、という夜間痛が現れるのが特徴。

さっそく体を調べると、左肩周囲の問題は見つからないが、咬合(かみ合わせ)に異常が出ているのがわかった。顎から歯にかけて更に調べると下顎が右に変位し、左上顎7番の歯が強く押し込まれる圧下という状態を呈し、左の顎関節に異常なテンションがかかっていた。

また、臨床での1つのセオリーとして、右側に問題が出ている時は左側を、肩関節に問題が出ている時は股関節を調べる、…というのがあるので、そのセオリーに従って調べて左の股関節(もっと具体的には左寛骨臼の月状面)の問題も検出したので、上記の問題と合わせてエッセンシャルオイル、主に左の顎部に対するクラニオセイクラル・ワーク、お灸などで処理した。

結局、左肩に対する直接的な施術は全く行わなかったが、動かした時の痛みが軽減し、左肩の可動域もかなり広がった。今回の左肩の痛みは、恐らく左の顎部の問題が頚部を介して左肩へと移行し、そこに異常なテンションを生じさせたことによって起こったものだろう。よくあることだが、「痛みのあるところが必ずしも悪いところ(=原因部位)ではない」という典型的な例である。

ところで、これは私の師匠に当たる松原次良(じろう)先生から聞いた話だが、「左側に症状が現れる場合は、何らかの家族の問題が絡んでいることがある」のだそうだ。そういえばYさん、つい先日に母親が亡くなり、葬儀を終えたばかりだという。時間の関係で調べられなかったが、左肩の痛みをもたらしていた左顎部の問題は、もしかするとそれと関係していたのかもしれない。

関連コラム コラム0013:[臨床例]膝の痛み



埼玉県草加市、川口市、八潮市、越谷市、東京都足立区千住、竹ノ塚の心身統合治療室
キネシオロジー(カイロプラクティック)、クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)、鍼灸(はりきゅう)、メディカル・アロマテラピー、フォーカシング、波動療法の総合整体治療院
蒼穹堂治療室(そうきゅうどうちりょうしつ)のホームページ
蒼穹堂治療室トップページへ

 キネシオロジー&クラニオ

   
 埼玉県草加市吉町2-3-10
   レジデンス草加1-B
   TEL:048-922-7695
  9:00〜13:30(月曜除く)
  17:00〜20:30(土曜除く)
    日曜・祝日休診
     電話予約制



Copyright© 2008-2009
蒼穹堂治療室 All Rights Reserved.
Powered by k2-s.com
Contents of This site
蒼穹堂治療室トップページへ
このページは…

蒼穹堂治療室が臨床を通じて見たこと、感じたこと、思ったことを綴ったコラムです。