ここにページタイトルまたは説明


  

ココロとカラダのコラム0006:体を貫くようにしてあるもの

←前の記事    →次の記事

ウチではキネシオロジーによる検査による問題の抽出を行っている。キネシオロジーによる検査に用いるのは、筋反射テストとセラピー・ローカライゼーション(TL)である。筋反射テストは指標となる筋肉(インジケータ筋)の強弱の変化によって何がその人にとっての本当の問題かを見極めるためのもの、TLは空間上のどの範囲に処理すべき問題があるかを絞り込むためのものだ。

一般的なキネシオロジーでは、TLとは筋反射テストを行いながら体表面に触れることを言う。さまざまな場所の体表面を触れながらインジケータ筋の変化を読み取り、問題の生じている箇所を探すのである。ところが臨床していたある時、体表面に触れていてもインジケータ筋には反応が出ず、手を体表面から離していくと反応が現れる、という現象があることを発見した。

それ以降、興味を持っていろいろ調べているうちに、そういった反応がまるで体を貫くように走る範囲に出ているケースに数多く出合うようになった。それは例えば、頭重感を訴える人の頭を左右に貫くような範囲だったり、胸痛や胸苦しさを訴える人の心臓付近を前後に貫くような範囲だったり、腹部不快感を訴える人の腹部を斜めに貫くような範囲だったりしたが、そういった体を貫くようにして出ている反応を取ると症状が改善するケースが多かったことから、それが症状に関わる何かを表していることはほぼ間違いない。ただ残念ながら、それが何なのかは今もまだわからない。

1つの仮説としては、人というものは肉体とエネルギー体の2つの体を持ち、体表面から離れた部分にTLすることは、肉体ではなくエネルギー体の状態に触れるもので、筋反射テストはそのエネルギー体上の問題を感知しているのかもしれない。

関連コラム コラム0013:[臨床例]膝の痛み  コラム0025:[臨床例]パニック障害



埼玉県草加市、川口市、八潮市、越谷市、東京都足立区千住、竹ノ塚の心身統合治療室
キネシオロジー(カイロプラクティック)、クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)、鍼灸(はりきゅう)、メディカル・アロマテラピー、フォーカシング、波動療法の総合整体治療院
蒼穹堂治療室(そうきゅうどうちりょうしつ)のホームページ
蒼穹堂治療室トップページへ

 キネシオロジー&クラニオ

   
 埼玉県草加市吉町2-3-10
   レジデンス草加1-B
   TEL:048-922-7695
  9:00〜13:30(月曜除く)
  17:00〜20:30(土曜除く)
    日曜・祝日休診
     電話予約制



Copyright© 2008-2009
蒼穹堂治療室 All Rights Reserved.
Powered by k2-s.com
Contents of This site
蒼穹堂治療室トップページへ
このページは…

蒼穹堂治療室が臨床を通じて見たこと、感じたこと、思ったことを綴ったコラムです。