ここにページタイトルまたは説明


  

ココロとカラダのコラム0032:[臨床例]やる気が出ない

←前の記事    →次の記事

Kさんは「何事にもやる気が出ない」ということを訴えて来た。

なかなか「これだ!」という結果が出ない中、そのKさんを治療していて、ふと「これはどうだろう?」と思いついて、やってみたことがある。それは、感情と脳の血流量の関係を調べることだった。具体的には、Kさんに様々な感情の負荷を掛け、その時に脳の動脈の血流量が変わるのかどうかをキネシオロジーの筋反射テストを使って調べるのである。

臨床をしていて次の一手に詰まってくると、時々苦し紛れのようにそんな突拍子もないアイディアがポッと浮かんでくることがある。けれど、そういう時の思いつきは案外バカにならない。いや、バカにならないどころか重要な突破口だったりする。この時もそうだ。

まずKさんに反応のある感情を調べていくつか抽出し、その感情の負荷下で脳の血流を調べると、大脳動脈輪を形成する動脈(注)のいくつかで血流が低下することがわかった。そこで、そうした感情による血流低下が起こらないように施術すると、「何事にもやる気が出ない」という件が多少改善したのである。
(注)脳の動脈は脳底部分で、前大脳動脈、後大脳動脈、前交通動脈、後交通動脈、内頸動脈、椎骨動脈が結びつき、環状の構造を形成している。これをウィリスの大脳動脈輪という。

この結果から、Kさんの「やる気が出ない」直接的な原因の1つは、意識的、無意識的に生じてくるある感情によって脳の血流が減少し、それによって脳の活動が低下することだった、ということだと考えられる。

これは精神的な問題が直接的に解剖・生理的なレベルの変化と結びついていた例として、私には非常に印象深いものである。

関連コラム コラム0008:腰痛は怒りである?  コラム0027:心理的逆転を持つ患者



埼玉県草加市、川口市、八潮市、越谷市、東京都足立区千住、竹ノ塚の心身統合治療室
キネシオロジー(カイロプラクティック)、クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)、鍼灸(はりきゅう)、メディカル・アロマテラピー、フォーカシング、波動療法の総合整体治療院
蒼穹堂治療室(そうきゅうどうちりょうしつ)のホームページ
蒼穹堂治療室トップページへ

 キネシオロジー&クラニオ

   
 埼玉県草加市吉町2-3-10
   レジデンス草加1-B
   TEL:048-922-7695
  9:00〜13:30(月曜除く)
  17:00〜20:30(土曜除く)
    日曜・祝日休診
     電話予約制



Copyright© 2008-2009
蒼穹堂治療室 All Rights Reserved.
Powered by k2-s.com
Contents of This site
蒼穹堂治療室トップページへ
このページは…

蒼穹堂治療室が臨床を通じて見たこと、感じたこと、思ったことを綴ったコラムです。