ここにページタイトルまたは説明


  

ココロとカラダのコラム0005:寝違えを自分で治す

←前の記事    →次の記事

以前、朝起きると寝違えを起こしていたことがあって、そこでせっかくだからとある方法を試してみた。図書館でそれについて書かれた本を見つけたことがキッカケで個人的に勉強していた、フォーカシングというメソッドである。

フォーカシングとは、当時、シカゴ大学で心理療法の研究をしていたユージン・ジェンドリンが開発したメソッドで…ということを書き始めると長くなるので、そこは省略。ザックリ言うと、心身に現れた何らかの症状に対してやさしく意識を向け、そこから感じられる単純な「痛い」とか「苦しい」というのは違うかすかな感覚(これをフォーカシングではフェルト・センスと呼ぶのだが)を頼りに、その症状と対話するようにして、その症状が表す本当の意味を探す、というものだ。
こんなふうに言葉で説明すると難しく見えてしまうかもしれないが、起こった症状を嫌い、ひたすらそれを消すことだけを考える、というのとは逆の、その症状を受け止め、静かにそれと向き合ってみる、というのがフォーカシングなのだ。で、それが実際にどれほどのものなのか、寝違えを起こした自分の体で試してみた、というわけ。

痛くて首が回らなくなっていたので、布団の中で首の痛みの一番強かった場所にフワリと意識を向けて、そのまま時間を過ごしていると、意識を向けた部分がとても慌てているような感じがした。なので、そこに向けて心の中で「大丈夫だから慌てないで落ち着いて」と繰り返し語りかけると、だんだんそこが落ち着いてくるのが感じられ、しばらくすると慌てている感じが消えた。
で、試しにゆっくりと首を動かしてみると、全く動かせなかったのが、まだ痛みの痕跡は残っていたものの普通に動かせるようになっていた! 時間にして15分くらいだろうか。もちろん、その間、患部を冷やすなどは一切していない。



その後も自分の頭痛や腰痛に対してフォーカシングを使ったりしている。痛みが強かったりすると心の余裕が失われてしまうのか、正直なところ上手く行かないことも少なくない。だがハマると問題が一瞬で消える(これをフェルト・シフトという)ので、メソッドとしては非常に強力だ。実際、私はこれを臨床で使って驚くべき結果を出したことがある。

フォーカシングのキモは「症状はあなたの敵じゃない」ということだと私は考えている。あなたがこれまでずっと「病と戦ってきた」あげくに疲れ果ててしまっているとしたら、発想を真逆に変えてみる、というのも手だと思うよ。

関連コラム コラム0042:首が回らなくなった原因は?  コラム0050:肩コリ、頭痛、眼精疲労の盲点



埼玉県草加市、川口市、八潮市、越谷市、東京都足立区千住、竹ノ塚の心身統合治療室
キネシオロジー(カイロプラクティック)、クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)、鍼灸(はりきゅう)、メディカル・アロマテラピー、フォーカシング、波動療法の総合整体治療院
蒼穹堂治療室(そうきゅうどうちりょうしつ)のホームページ
蒼穹堂治療室トップページへ

 キネシオロジー&クラニオ

   
 埼玉県草加市吉町2-3-10
   レジデンス草加1-B
   TEL:048-922-7695
  9:00〜13:30(月曜除く)
  17:00〜20:30(土曜除く)
    日曜・祝日休診
     電話予約制



Copyright© 2008-2009
蒼穹堂治療室 All Rights Reserved.
Powered by k2-s.com
Contents of This site
蒼穹堂治療室トップページへ
このページは…

蒼穹堂治療室が臨床を通じて見たこと、感じたこと、思ったことを綴ったコラムです。