ここにページタイトルまたは説明


  

ココロとカラダのコラム0008:腰痛は怒りである?

←前の記事    →次の記事

『腰痛は怒りである』(長谷川淳史 春秋社)という本がある。以前参加していたセミナーで知り、腰痛で来ていたある患者に紹介したところ、その次の治療で「あの本を読んだら、腰痛が取れてしまいました」と言われた、いわくつきの本(笑)だ。

この本は、自分自身がひどい腰痛に悩み、いろいろな治療を試みたが一向によくならなかった著者がTMS療法というものと出合い、自分で腰痛を治したその経験から、さまざまに言われている腰痛の原因──姿勢が悪い、椎間板が飛び出ている(いわゆるヘルニア)、背骨が変位している、骨盤が歪んでいる、などなど──を検証しながら、多くの腰痛の真の原因は心因性であり、抑圧された怒りの感情が関係している、ということを書いている。
(ちなみにTMS療法とは、「心理的な緊張が筋肉に何らかの変化をもたらし、それが痛みとなって現れる」というアメリカ人の医師、ジョン・E・サーノの提唱するTMS(緊張性筋炎症候群)理論に基づいた療法だという。日本語のサイトでは「腰痛治療の革命」などという派手な言葉も踊っている。)

実際、これまでかたくなに「腰痛の主な原因はヘルニアだ」と主張してきた西洋医学からも、腰痛の約80%は肉体的な原因を見つけることができず、その多くは心因性であろう、という見解が出てきている。そこからも、『腰痛は怒りである』が述べていることには一定の信憑性があると考えていいだろう。とはいえ、要因となる感情を「怒り」だけに限定してしまっている点は私には納得しかねる。身体症状をもたらす感情は「怒り」だけではないことを私自身が経験しているからだ。

実は以前、カネのことで大きな不安を感じる出来事があり、その時、首が回らなくなってしまった。その後、その不安が一応なくなると、また首が回るようになった。よく「借金で首が回らない」といった慣用表現があるが、この言い回しは本当に的を射ていている。

話を戻すと、痛みに限らず身体症状として現れているものの裏には、肉体的な要因だけでなく心理的な要因が隠れている、ということを念頭に置いておかなければならない、ということだ。何でもかんでも背骨を矯正すれば、骨盤を調整すれば、それで治る、などというのは都合のいい幻想に過ぎない。

関連コラム コラム0018:坐骨神経痛鑑別のためのテスト



埼玉県草加市、川口市、八潮市、越谷市、東京都足立区千住、竹ノ塚の心身統合治療室
キネシオロジー(カイロプラクティック)、クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)、鍼灸(はりきゅう)、メディカル・アロマテラピー、フォーカシング、波動療法の総合整体治療院
蒼穹堂治療室(そうきゅうどうちりょうしつ)のホームページ
蒼穹堂治療室トップページへ

 キネシオロジー&クラニオ

   
 埼玉県草加市吉町2-3-10
   レジデンス草加1-B
   TEL:048-922-7695
  9:00〜13:30(月曜除く)
  17:00〜20:30(土曜除く)
    日曜・祝日休診
     電話予約制



Copyright© 2008-2009
蒼穹堂治療室 All Rights Reserved.
Powered by k2-s.com
Contents of This site
蒼穹堂治療室トップページへ
このページは…

蒼穹堂治療室が臨床を通じて見たこと、感じたこと、思ったことを綴ったコラムです。