ここにページタイトルまたは説明


  

ココロとカラダのコラム0013:[臨床例]膝の痛み

←前の記事    →次の記事

これは治療院を始めて間もない頃に遭遇したケース。

Iさんは別の患者の紹介で来た。主訴は膝の痛み。日常生活では問題ないが、ジムに行ってスクワットなどをすると右膝に痛みが出るのだという。

調べてみると、右の膝窩筋(しつかきん)が弱化していた。それを取ることで痛みは軽減するので、右膝に痛みをもたらす直接的な原因は右膝窩筋の弱化だった。
ところが次の回も、更にその次の回も、右膝の痛みはまだあって、取ったはずの右膝窩筋の弱化も戻ってしまっていた。ということは、膝窩筋の弱化は2次的に起こっていることであり、それを引き起こしている原因が別にあるということだ。

まずはキネシオロジーの内臓筋肉反射に基づいて考えてみた。内臓筋肉反射とは、それぞれの内臓器は特定の筋肉と対応関係があって、その臓器の異常は対応する筋肉の異常となって現れる、というものだ。膝窩筋は胆嚢の関連筋なので胆嚢を調べた。
内臓マニピュレーションの触診によって胆嚢の自動運動を調べると、動きに異常がある。ビンゴだ! つまり胆嚢に何らかの異常があって、それが関連筋である膝窩筋の弱化を引き起こしていたわけか。じゃあ、胆嚢の自動運動を整えれば…と思ったのだが、なぜかその時、頭の部分が気になった。そこでIさんの頭部にTLしていく(=触れていく)と、右頭頂部にTLした時に筋反射テストで反応が出た。そこで、もしかしてと思って右頭頂部にTLしながら胆嚢の自動運動を調べると、異常な動きがない! つまり胆嚢の問題もまた2次的なもので、その原因は右頭頂部にあったのだ。

そのことをIさんに告げて、何か心当たりはないか?と聞くと、Iさん「以前、スキーのジャンプで着地に失敗してコケて、右頭部を打ったことがある」と。そしてその時、膝も傷めたのだが、ずいぶん前のことなのでケガはもう治っている、とのこと。けれどもクラニオの触診で頭蓋の周期的な動きを調べると、右頭頂部に強いテンションがあって動きに乱れが生じていた。ジャンプでコケた時に受けた外力の影響がずっと残ってしまっていたのだ。
そこでクラニオでその右頭頂部のテンションを取ると、胆嚢の動きの異常も右膝窩筋の弱化も消えていた。

つまりIさんの膝痛は、スキーで転倒して頭を打ったことによって生じていたわけ。Iさんのケースは「頭を打って膝が痛くなった」という面白い症例だったため、今もよく覚えているが、こういう例を見ると、疾患別、症状別に原因を考える、というのがいかに無意味かがよくわかる。

関連コラム コラム0001:[臨床例]肩の痛み



埼玉県草加市、川口市、八潮市、越谷市、東京都足立区千住、竹ノ塚の心身統合治療室
キネシオロジー(カイロプラクティック)、クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)、鍼灸(はりきゅう)、メディカル・アロマテラピー、フォーカシング、波動療法の総合整体治療院
蒼穹堂治療室(そうきゅうどうちりょうしつ)のホームページ
蒼穹堂治療室トップページへ

 キネシオロジー&クラニオ

   
 埼玉県草加市吉町2-3-10
   レジデンス草加1-B
   TEL:048-922-7695
  9:00〜13:30(月曜除く)
  17:00〜20:30(土曜除く)
    日曜・祝日休診
     電話予約制



Copyright© 2008-2009
蒼穹堂治療室 All Rights Reserved.
Powered by k2-s.com
Contents of This site
蒼穹堂治療室トップページへ
このページは…

蒼穹堂治療室が臨床を通じて見たこと、感じたこと、思ったことを綴ったコラムです。