ここにページタイトルまたは説明


  

ココロとカラダのコラム0002:経絡経穴の反応を読む

←前の記事    →次の記事

私はカイロプラクティックからこの世界に入ったのだが、元妻(当時は結婚していた)の家族(義母は元看護師で当時は准看護学校の教務主任、義兄は医者だった)から「カイロだけではやっていけないから、何でもいいから医療系の国家資格を取れ」と言われて、鍼灸学校に行くことにした。
鍼灸を選んだのは、カイロが西洋医学的な解剖・生理に基づいた体の見方をするので、それとは違った角度から体のことがわかるようになればいいな、くらいの軽い考えだった。だから東洋医学(中医学)の勉強は楽しかったが、経絡経穴についてはあまり身が入らなかった。いざとなれば鍼灸など使わなくても治療はできる、と思っていたからである。

ところが日曜日に出ていたセミナー(キネシオロジーが中心のセミナーで、鍼灸のセミナーではない)の実技練習で、仙骨の変位が三陰交という経穴(ツボ)に触れるだけで正常な位置に戻るのを目の当たりにして、一気に経絡経穴に目覚めた。そこから経絡やツボに対する見方が一変し、今ではウチの治療になくてはならないものになっている。
ちなみに鍼灸をやっていると、経絡やツボへのアプローチは鍼、灸の専売特許で、それ以外の方法は使えないかのように言う人がいるが、もちろんそんなことはない。エッセンシャルオイル、テープなどなど、経絡やツボにアプローチする方法はいくらでもあるし、効果が鍼や灸より劣るということもない。

さて、ここからが本題。臨床をしていて気づいたことだが、経絡やツボには不思議な性質がある。腰痛、肩痛、膝痛など運動器系の問題に特に顕著なのだが、痛みの出る姿勢や動作をした時だけ現れる経絡経穴の反応がある、ということだ。

鍼灸の施術では普通、椅子に座ったりベッドに寝ているスタティック(静的)な状態で経絡やツボの反応を調べることをするが、そういう形では捉えられないダイナミック(動的)な経絡やツボの反応が存在するのだ。しかも、それらを丁寧に読み取って処理してやると、それだけで痛みが相当程度軽減することが多い。

反応の現れる経絡やツボは、痛みのある局所とは限らない。むしろ全身に及ぶ。そして、そのラインなりポイントなりを辿っていくと、それが何かを指し示していたりすることも少なくない。まるで体が「こうすれば治るよ」と教えてくれているかのように。
だから私が行うのは、体が発する声を何とかして拾い上げ、その指示に最大限従うこと、ただそれだけだ。

関連コラム コラム0012:オカルティックな身体  コラム0020:気の鍼



埼玉県草加市、川口市、八潮市、越谷市、東京都足立区千住、竹ノ塚の心身統合治療室
キネシオロジー(カイロプラクティック)、クラニオセイクラル・ワーク(クラニオ)、鍼灸(はりきゅう)、メディカル・アロマテラピー、フォーカシング、波動療法の総合整体治療院
蒼穹堂治療室(そうきゅうどうちりょうしつ)のホームページ
蒼穹堂治療室トップページへ

 キネシオロジー&クラニオ

   
 埼玉県草加市吉町2-3-10
   レジデンス草加1-B
   TEL:048-922-7695
  9:00〜13:30(月曜除く)
  17:00〜20:30(土曜除く)
    日曜・祝日休診
     電話予約制



Copyright© 2008-2009
蒼穹堂治療室 All Rights Reserved.
Powered by k2-s.com
Contents of This site
蒼穹堂治療室トップページへ
このページは…

蒼穹堂治療室が臨床を通じて見たこと、感じたこと、思ったことを綴ったコラムです。